営業日カレンダー

2024年2月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829
2024年3月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※定休日: 火曜日
(※第3月曜日・発送業務のみ休業)

日本酒・地酒

みむろ杉 木桶菩提もと 2022酒造年度 北木桶-壱号 720ml

  • 季節限定
◆みむろ杉が熟成の可能性にチャレンジする「木桶菩提もと」

今回入荷したロットは2022年に新しく導入した南木桶で醸した処女作となります。
新桶ならではの香りを楽しんでいただけるよう湯ごもりはほぼせず醸しました。故に吉野杉の香りを楽しんでいただける味わいとなっております。といっても含み香で程良い香りだそう。

(蔵元コメント)
上立香はほのかなメロン。口に含むと主張しすぎなく清涼感ある杉の香り、適度に豊かでふくよかな甘味と木桶由来のタンニン感、きめ細やかな渋み、菩提酛由来の複雑味ある旨みが重層的に広がるも液体としての軽やかさは健在。アフターは力強い酸により収斂されていきます。

---

以下、十四代目蔵主今西将之氏コメントです。

「みむろ杉 木桶菩提もとに込めた想い」
古来、酒は自然からの恵みの象徴であり、神と交信するための手段であった。
そこに工業的な考え方は存在せず、酒とは祈りの象徴。
その時に人々が嗜んでいた酒は「どぶろく」
時は流れ、室町時代中期(1400年代)の日本。
奈良県正暦寺の僧侶は経験と知恵を持って、自然のものだけで腐敗リスクを極限まで落とした酛造りを創醸した。
それが、超自然派の「菩提もと造り」
それは現代の酒造り手法の原型となり、その後、奈良県の僧侶は「三段仕込み」「諸白造り」「火入れ」「上槽」を次々と生み出し、日本酒の歴史を変えた。
自然界に生育するものだけで生み出された「清酒」は人々を魅了し、当時の酒は空気を吸い込むかのごとく、身近な存在であったに違いない。
ありとあらゆるモノ・コトが効率化・工業化し、混沌としている時代。
奈良県に脈々と受け継がれる自然・文化・歴史に敬意を払い、酒の神が鎮まる奈良県三輪の地で現代の技術力をもって菩提酛造りを復興し、酒文化をつなぎ、伝統を守って参ります。
本物の自然の恵みをお楽しみ下さい。

原料米 : 奈良県産 山田錦
精米歩合 : 非公開
アルコール分 : 14%
産地 : 奈良県 今西酒造

保管方法:冷蔵庫(一回火入れ)
*クール便推奨
商品コード:
mimurosugi_bodai_2022_n1_720
販売価格(税込):
5,500
ポイント: 50 Pt
関連カテゴリ:
日本酒・地酒 > ◆北陸・近畿の日本酒 > みむろ杉 (みむろすぎ)
日本酒・地酒 > ◆特定名称酒 > 純米酒・特別純米酒
日本酒・地酒 > ◆味わい・製法・タイプ > 至高の一本
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

PICK UP

新酒
超辛口
宝剣
お燗酒
酒粕
明鏡止水
黒木本店
究極の大吟醸
日本酒入門・日本酒用語
飲食店様募集中