営業日カレンダー

2020年10月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2020年11月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

※赤字は休業日です

厳選素材

御前酒 酒米 雄町(一等米使用) 五合(750g)

  • 限定品
岡山県が主要産地である「雄町」は酒米の最高級品酒です。

辻本店では、「雄町」を食べていただくことで、できる限りその作付けを維持できなかと考え、雄町を食用米として販売することにいたしました。

酒米は通常の食用米に比べ、粒が大きく、味が馴染みやすいという特性があります。

普通に炊くと少しやわらかい感じに炊きあがりますので、水の量を控えて炊いていただくことをおすすめいたします。

1合(150g)をお召しあがりいただくことで、純米酒を約200ml飲んでいただいたのと同量になります。

---------

(以下、辻本店からのメッセージ)

感染症禍による全国的な日本酒の消費減に伴い、酒蔵では来期の製造石数の調整が余儀なくされています。

これが徐々に酒米生産農家の方々、いずれは地域の農空間へと影響が及ぶことを危惧 し ています。

岡山県の雄町も同様です。

現在圃場では米作りのシーズンを迎える頃ですが、令和2年度の作付けについて全農からの要請がありました。

瀬戸エリアで昨対2割減、岡山県南部では3割減での生産調整をされるようです。一部で一般米への転作 をすることで当面は、田圃としての機能 を 維持するとのお話 ですが、一旦雄町の栽培を辞めてしまうと再度復活させることが困難なため、できる限り米余りを防ぎ、作付けを維持していく手段を模索している最中です。

御前酒は、今後すべての日本酒を雄町で醸す酒蔵になります。
雄町がなければ、御前酒を醸すことはできません。
だからこそ酒造りを通じて、地域の農業とものづくりを支える酒蔵であり続けたいと考えています。

この先も雄町が失われないために、日本酒としてだけではない雄町の可能性を模索していくなかで 「雄町をご飯として食べる」という試みに辿り着きました。

既に山田錦では各地の蔵元さんから食べる酒米としての販売がはじまってい
るところですが、雄町の主要産地である岡山県からもこの取組みができないかと思い、雄町の米穀販売を開始いたします。

当蔵にできる小さなことではありますが、 「雄町の未来は、御前酒が醸す」というテーマの本質的な部分を行動したいと思っています。
何卒、雄町生産地へのご支援とご協力をお願い申し上げます。

※生産農家支援のため、等外米ではなく通常酒造りに使用するのと同等級の雄町で米穀販売いたします。そのため一般的な食用米と比較してもやや高価に感じられるかと思います が、何卒ご理解いただけましたら幸いです。粒ぞろいの良さ、調理した際の味馴染みの良さも感じていただけるかと思います。

産地 : 岡山県瀬戸町
品種 : 雄町(検査等級 一等)
精米 : 2020年5月22日
容量 : 五合 (750g)
商品コード:
gozenahu_komeomachi_750
販売価格(税込):
1,080
ポイント: 10 Pt
関連カテゴリ:
厳選素材 > 蔵元直送のお米
日本酒・地酒 > ◆中国・四国の日本酒 > 御前酒 (ごぜんしゅ)
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

PICK UP

秋酒
超辛口
宝剣
お燗酒
酒粕
明鏡止水
黒木本店
究極の大吟醸
日本酒入門・日本酒用語
飲食店様募集中
秋酒 ひやおろし
落花生