営業日カレンダー

2021年10月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2021年11月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

※赤字は休業日です

自然派ワイン

【自然派】トリンケーロ ロッソ・ラシーヌ18 赤 750ml

  • NEW
  • オススメ
  • 限定品
(21.8.17 インポーターコメント)
クリアーでエレガント。気品すら感じさせるワインに仕上がっている。良く熟した赤い果実が鮮烈に感じられ、パワフルで若々しい酸味が主体で、しっとりとして優雅。若い魅力に溢れる今飲むべきか熟成させるべきか非常に悩ましい素晴らしい一本。
※発酵の進み具合と、ポテンシャルから2017よりも、軽やかに仕上がった2018の方を先にリリース。2017のバルベーラはいまだ発酵中。

(21.9.16 スタッフコメント)
セミドライトマトの酸。パンチがあるのにエレガントな仕上がり。タンニンもほどよくあり、食事のおともに最適。

原産国: イタリア ピエモンテ
造り手: トリンケーロ
タイプ: 赤・ミディアム
土壌: 
品種: バルベーラ
アルコール度: 14%

---

【トリンケーロについて】
ピエモンテのナチュラルワインの先駆といえる造り手の一人。トリンケーロ家が誇る長い歴史は1925年、アスティ県でのバルベーラの生産開始に遡る。現当主エツィオは、かつて約50ha所有していた畑を「家族経営で自ら完璧に畑の世話ができる規模にするため」13 haに縮小した勇気と決断力のある情熱家。残した畑には、1925年植樹で「アスティの宝石」とも言われるクリュ「ヴィーニャ・デル・ノーチェ」なども含まれる。トリンケーロの代名詞でもあるバルベーラはいずれも長期発酵、大樽での長期熟成によるしっかりした密度と多層性ある味わいで、20年以上も深みと気品ある表現力を増し続ける。4種類のバルベーラ以外に、エツィオの父が残したアルネイス、マルヴァジーアを始め10種類近い品種を栽培。ちなみに辛辣さで知られるワイン批評家、マット・クレイマーは「全てのピエモンテ産ワインの中で、何よりの好みはバルベーラ酒である」と語っている。もともと酸の高いバルベーラは、果実の成熟をかなり待っても、なかなか酸が落ちず、逆に言えエツィオの造るバルベーラには、持ち味の酸を優美に柔らげるため、長期熟成が不可欠である。
商品コード:
324318
通常価格(税込):
3,300
販売価格(税込):
2,828
ポイント: 25 Pt
関連カテゴリ:
自然派ワイン > 自然派ワイン他 > 産地別 > イタリア
自然派ワイン > 自然派ワイン他 > 色別 > 赤ワイン
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

PICK UP

新酒
超辛口
宝剣
お燗酒
酒粕
明鏡止水
黒木本店
究極の大吟醸
日本酒入門・日本酒用語
飲食店様募集中